BSフリップ系トリックのコツを色々紹介!

bsフリップ系トリックのコツを色々紹介! 2022年俺的研究報告
オーリーのように キックフリップを する方法を紹介します!

僕はBS180系のトリックが大好きです。

だがしかし!

BSキックフリップ、BSヒールフリップ、BSビッグスピンなどなど….

BS180系の複合トリックってめちゃくちゃ難しいですよね?

なので、僕も正直たまにしか納得のいくメイクはできません(´・∀・`)

かなり時間を費やしてますがそう上手くいかないのが本当に辛いです。(´・∀・`)

でも費やしてきた時間には自信があるので、

僕が練習してきた中で気づいた、「これはメイクに役立った!」というコツをいくつか紹介しようと思います!

これは僕が日頃から書き留めているスケボーやってて気づいたことメモから抜粋しています!

ちょっとずつ整形してみやすくしていくので、当分汚く醜い文章なのですがご了承を!

そして、

全てが全ての方に当てはまるってことはないと思うので、

ビビビ!っとくるものがあったら是非それを参考にしてみてください!

BS180フリップ系が回りきれないのは顔を進行方向に向けたままだから?

BS180フリップをやって、90度で止まってそれ以上回れなかったり、ドライブを入れたくてもどうにも入れられないようなミスって結構ありますよね?

あくまでも僕の場合なんですが、そういうミスをしているときは、

顔が進行方向足を抜く方向を見たまま止まっている

んです!

シンプルにBS180オーリーの時は、顔の向きが進行方向から後ろ方向へスムーズに動いているんです。

でも、BS180オーリーでも90度で止まっちゃう時があって、

それっていうのがBS180で物飛びをしようとして失敗する時。

見事に90度で止まって着地しちゃうんですよね(´・∀・`)

それは恐らく、

怖さや飛ぶ物を見過ぎて、などで顔というか目線をスムーズに動かすことができず進行方向に顔が向いたままになってしまうから。

なので、bs180フリップが回り切れないで90度で止まっちゃう時は意識して頭を動かせば良いわけです。

では実際にどう頭を動かすのかを説明しましょう。

頭の動かし方

流れとしてはこんな感じ↓

→動作を始めたら上半身を振りながら顔をテール側の肩に向ける

→テール側の肩に顔を向けて肩越しに板を見る

そんなに難しくはないですよね!

動作に入る前は進行方向を向いていてOKです!

動作が始まったと同時に、上半身だけでなく頭も上半身に併せて動かす

これを忘れずないように頭に置いておきましょう!

気を付けること

とりあえず何となく回れるようになったとして、

その先、メイクに繋げるにはドライブをするか、180度回り切るか、

という大きく2つのメイクの仕方があります。

どっちでメイクするにしても、

板をキャッチした時にどちらかというと前足側に荷重があった方がメイクに繋げやすいです。

なので、後ろ足側の肩越しに板を見るからといって後ろ足荷重にならないように気をつけましょう!

BSフリップが180回り切れないのは腰が回っていないから。

僕はなかなかBSの複合トリックがメイクできなくて、

自分のBS HEELFLIPとTBTVのテラケンさん(https://www.youtube.com/@nadeshikounderground)のBS HEELFLIPを見比べた結果分かったことがありました。

それは、

ヒールフリップをかけて後ろ足を引き上げるまでの動作で、

後ろ足の上げ方、というか後ろ足が上がる位置が全然違ったこと。

僕のBSヒールフリップは、ヒールフリップを45度くらいに向けて角度をつけて抜いているけど、

後ろ足は真っ直ぐのヒールフリップをやったかのような位置に上がっている

要は、後ろ足が全然BS方向へ回ることなく、弾いた位置の真上に上がっているって感じです。

なので、前足は斜め45度に抜いているけど後ろ足はテールを弾いた位置のままなので、脚がちょっと内股気味になっているんです。

一方テラケンさんは、

ヒールフリップを抜く方向は大体同じ。

だけど後ろ足が通常のヒールフリップの位置ではなくて、

股を開いて、ヒールフリップを抜いた足とは対称の位置に上がっているんです。(レギュラーなので7時方向ら辺)

要は、シンプルに体全体が回って板をキャッチする頃には完全に体全体が90度を向いたヒールフリップになっているんです。

もっというと、

テラケンさんは、テールを弾いた時点で後ろ足が90度に向かって開き始めていました。

自分の場合は、弾きは真っ直ぐのヒールフリップのまま。

そしてその位置から後ろ足はBS方向へ回っていくことなく、テールキャッチに向かっていっている。

こういうやり方だから僕はドライブを入れられないのです。

前足だけでなく後ろ足もしっかりBS方向に回りながら、空中でお股をしっかり開いて板の回転を待つようにしなければならない。

それが僕はできていませんでした。

で、なんでそれができないかっていうのが、

腰が真っ直ぐのまま止まってしまっているから、というのが大きな理由です。

腰が回らないといくら頑張っても、7時〜9時方向に向かって後ろ足を開くことはできない。

でも正直、腰を回す意識をしたからといって簡単に、ヒールフリップをしながら腰を回せるわけでもないのが現実です。

その補助として役に立つのが弾きの方向を変えること

通常のヒールフリップのような真下に向かって弾くだけでは上手く腰の回しに繋げられない。

ってか真下に弾くと真っ直ぐなヒールフリップになってしまって、

それを無理やり板が回るようにフリップを抜くようになってしまうから結局上手くいかず失敗してしまいます。

いってしまえば、BSヒールフリップにはBSヒールフリップの弾き方があるっていうこと

その弾き方っていうのが…

  • 1時くらいの方向に斜めへテール弾き
  • 7時位の方向に引き弾き

のどちらか。

どっちかが正解っていうより、

どっちか自分がやりやすい、もしくは180になりやすい方かを確認してやってみるのがいいと思ます。

そしてもう一つ。

弾いた後の後ろ足をどう上げるか、でもやりやすさが変わってきます。

真っ直ぐの通常のヒールフリップをやる場合、テールを弾いたら後ろ足を真上に引き上げます。

同じようにBSヒールフリップをやる時にもテールを弾いた後ろ足を真上に引き上げてしまうと、

後ろ足の180回転が止まってしまって、BS方向へ回りにくくなります。

だから、しっかり後ろ足もBS方向へ回れるように後ろ足の上げ方を工夫すると良いです。

テールを弾いたら、進行方向と反対の真後ろに後ろ足を上げる。

言い方を変えると、

テールを弾いたら、膝が6時の方向に向くように後ろ足を上げる。

っていう感じです。

弾いた後の足を後ろに上げるのを意識することで、弾きの方向が若干変わり、自然と下半身がBSに回るようになります。

それプラス、その方向に後ろ足を上げることで、

BS180方向の動きが入りながらフリップ回転している板をキャッチしやすくなります。

BSフリップ系が乗れない時は斜め前に自分が飛ぶ。

一本の線上で180をして同じ線の上に着地をする。

そういうHOW TOをしている人がいるけど、

正直そんなことができるのは超熟練の180スキルを持ったスケーターだけ。

これから覚えたい、今練習中、ってスケーターはそういうのに囚われてしまうと、

逆にメイクには遠回りになってしまう。

ってことでまずやり易いのは、

BS方向に弧を描きながらフリップをすること。

それに慣れてきたら、

今度は真っ直ぐ進みながらBS180フリップをやってみるわけだけど、

その時に意識するのが、

一本の線上でBS180をすることではなく、

単に進行方向に自分が飛ぶだけでもなく、

斜め前に自分が飛ぶこと。

斜め前に自分の体を移動させること。

これが結構大事。

ミソなのは進行方向に、ではなくて、

進行方向xBS側 = 斜め前 ってところ。

進行方向に飛ぶだけじゃ、

体だけちゃんと移動はするけど、

フリップをかける足がすっぽ抜けたり、

板を置き去りにしてしまいがち。

だけど、

斜め前に飛んであげると、

フリップを抜く足がノーズにひっかかりやすくなる。

大袈裟に言えば、

斜めに真っ直ぐのフリップをするだけ、とも言えるかもしれない。

そう思うと、BS180フリップも簡単に感じられる気がする。

ってことで、BS180で大事なのは、

一直線上でやろうとしない。

斜め前に飛びに行く。

この2つが大事。

そして!多分これ結構大事!

後ろ足の着地は、

斜め前に飛んだ更にその先に着地させに行く。

後ろ足を真下に着地しにいっちゃうと90度で止まっちゃう。

90度で止まらないためには、、

90度で着地をしてそこからドライブを入れる、ってことももちろん大事なんだろうけど、

実際フリップが入ると焦ってそこまでの余裕がない。

だからこそ!

後ろ足は、板をキャッチしたところから真下に下ろしてドライブを狙うのではなくて、

斜め前に体ごと飛んだ、その更に先に後ろ足を着地させる。

そうすることで、自然とテールを残り90度運べるようになる。

BSフリップは、ノーズがくるであろう場所へ着地しにいくと良い。

BS180フリップ(キック・ヒール)の難しさは何と言っても、

前足を軸にして着地がなかなかできないこと。

前足を軸にできないとドライブでさえ入れることができない。

90度フリップをやったところで、ノーズに軸がないとそこから先ドライブを入れられない。

では、どしたら前足を軸にして着地ができるのか?

それは、

ノーズがくるであろうポイントへ前足で片足着地をしにいく。

この時気をつけた方がいいことは、

しっかり板の前に回り込みながら、顔と上半身は後ろに向ける、っていうこと。

そしてテールをしっかり弾くこと。

BSフリップは横向きフリップ?

進行方向に真っ直ぐ進むのをキープしながら、BSに綺麗に板を方向転換させる。

なんて、イメージ上の理想は拭った方が良い。

実際には、

ただ横を向いたフリップをして、

そのままキャッチして180度までドライブを持っていけばいいだけ。

横向きにフリップをするから、

スタート地点と着地地点がお腹側にデッキ一枚分位ずれることになる。

下手したら、大袈裟に言っちゃえば、

先行動作とか、上半身、腕の振りはいらないのかもしれない。

上半身の振りを気にすると、

意識することが増えてキャパを占領されちゃう。

だからむしろ上半身の振りは意識しなくて良いのかもしれない。

とりあえず、

横に向いてフリップをしてキャッチしたところから180までドライブで回し切ることを意識するのが大事。

真横を向くフリップじゃなくても良い。

なんなら斜め45度のフリップくらいでも十分かも。

45度に真っ直ぐのフリップをしてキャッチ、そっからドライブで180にもっていく。

そういう意味で考えたら90度に曲がる(曲がりながら?)フリップの練習は案外大事なのかも。

そして実は難しいのが、キャッチして後90度から先をドライブでもっていくこと。

ここが一番難しい。

着地してからドライブを入れようとしても、普通のフリップのように両足で4輪着地しちゃうとドライブを入れられない。

フロントのウィールから着地してスムーズにドライブに持っていけるならそれが良いけど、

実際意識してそれをやること自体が結構難しい。

ドライブは前足でフロントウィールに軸を置いて後ろ足でもっていくようなイメージを持ってしまいがちだけど、

実は結構肝なのが前足を使ったドライブの掛け方なのかも。

前足は軸を作るためにフロントのウィールを踏む、だけじゃなくて、

効果的に動かすことでドライブを掛けやすくなる。

その方法は、前足を後ろ足とは対称に動かすこと。

フリップをしてキャッチした後、前足を進行方向とは逆方向に体の外側に円を描くように運ぶ。

進行方向と逆方向に前足を動かしながら着地をする。

こうすることで板のキャッチから着地までの間に少し90度から先へBS側に板を運べる。

そして、着地までの間に板をBS側への軌道に乗せることで、

着地してから惰性も使ってドライブを入れやすくできる。

ドライブを入れる時に前足の膝を伸ばして着地したフロントウィールで地面を押してドライブをかけるようにすると良い。

そうすると、前足の膝が軽く伸び気味で、後ろ足の膝は曲がっているようなポーズで動作を終えることなる。

そういうポーズを取れてれば正解。

逆に言えばこういうポーズが取れるように練習すれば、

ドライブを入れやすくなるともいえる。

ってことで、

ドライブは後ろ足だけでかけようとしないで、

前足も使って板をBS側へ回す。

これが大事。

BSフリップ系の練習方法。プロセスが大事。

・90度フリップ

・90度フリップで前足から着地をしてみる

・90度フリップでノーズから着地

→若干斜め下抜きにすると良い

・ここまでできたら、いいところに乗れたら綺麗じゃなくてもメイクできる

BS180キックフリップにしても、ヒールフリップにしても、

まずは90度フリップをやりまくるのが大事。

これがめちゃくちゃ大事!

最初から180度しっかり回り切ってメイクをすることを考えてしまうと逆に遠回りになるし、

ドツボにはまる。

まず大事なのは90度のフリップを完璧にすること。

90度フリップが慣れてきたら次は、

90度フリップをして前足から着地するように心がけること。

この段階では、ノーズ着地になってなくても全然OK。

とにかくフリップを抜いて、抜いた足から着地できるように、

その着地の練習をする。

正直この段階は、ぐりっちょの恐怖がつきまとう。

これはその恐怖を克服するための練習でもあるし、

実際にフリップを抜いて前足から着地をする、という動作を体に擦り込む練習でもある。

だから、完璧なノーズ着地は出来なくても良い。

前足着地に慣れてきたら次は、ノーズから着地をする練習。

この段階でも、まだ180度回り切ることは考えなくてOK。

とにかく前にやった2段階を応用して、

フリップを抜いた後、どちらかというとノーズからキャッチをして、

そのままノーズ、というかノーズ側のトラックから着地をする練習をする。

ちなみに、これをやるとき、

フリップを地面と平行よりも上方向に抜いているとノーズが下に下がりにくいので、

結果的にノーズから着地をするのが難しくなる。

なので、意識としては地面と平行よりも若干下、斜め下方向にフリップを抜く意識をすると、

ノーズが下がって、且つテールが上がってくる形になるので、

足に吸い付いてくるような90度フリップのノーズ着地がやりやすくなる。

そして最終段階。

恐らく90度フリップのノーズ着地を練習してる過程で、

汚くても、スケッチーでも180フリップがちょこちょこと出来ているのではないでしょうか?

ノーズが地面につかず、

90度フリップ後まるでノーズマニュアルのようなノーズ側に軸がある状態になれたら、

あとは後ろ足を進行方向へ回していきます。

BS180のドライブの要領です。

恐らく、BS180のドライブをしっかり練習している人だったら、ある程度勝手に体が動くと思います。

ここまでできるようになったら、

90度フリップのノーズマニュアル(っぽい)着地を目指して、その精度を上げていく、

数打つ練習が必要です。

どうでしょうか?

180度回ろうとすると、逆に全然回れないBS180フリップですが、

90度フリップをすると、

着地が良ければ惰性で勝手に180度回れることを体感できると思います。

矛盾しているようですが、180フリップは180度回るのではなくて、

90度フリップをすることが大事なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました