トレフリップの「しゃくり」は後ろ方向にする!?【21/03/31メモ】

トレフリップの「しゃくり」は後ろ方向にする!? 2021年俺的研究報告

こんにちは!こんばんは!(´・ω・`)

スケートドクター
スケートドクター

トレフリップは後ろ足をしゃくります!

皆さん「しゃくる」って意味わかりますか?(´・ω・`)

僕は、この「しゃくり」っていうのがどういう動作のことをいうのか?

っていうのがいまいちわからないです。笑

なので、正しい「しゃくり」方について結構研究してます。

今日はそんな「しゃくり」についての発見を紹介します。

そんな今日のテーマは、

トレフリップの「しゃくり」の方向は進行方向に対して後ろ。

では行ってみましょう!

トレフリップの「しゃくり」の方向は進行方向に対して後ろ。

今まで気づかなかった。

っていうか今まではそれができなかった。

トレフリップができなかったころの話。

トレができなかった頃、板が進行方向に対して後ろ側に飛んでいって、

板を残して体だけ前にいってしまって、後ろ足がノーズに乗っかるようなミスばかりだった。

だから、板を2時くらいの方向に進行方向に飛ばすように意識して練習して、

やっとメイクができるようになった。

トレフリップ初メイクから得たトレフリップのやり方は間違っていた?

そんな経緯があるから、

後ろ足で板を回す時に板を前に飛ばすように、

レギュラーからみて10時とか11時方向に回転を加える(いわゆる「しゃくる」)ようにずっとやってた。

こういうやり方だったから後ろ足を開いたり残せなかったり、

前足が使えてなかったりしてたのかもしれない。

ということに今回気づいた。

うまい人のHOW TOでみるやり方では僕はできなかった。

うまい人のHOW TOだと、

溜めた力を外側に両足を開いてとか、

ハの字に置いた足を踵を外側に開くようにとか、

しゃくりと同時に前足を軽く引っ掛けるとか、

そんな説明が多いけどどれも自分には当てはまらない、

というかそういうやり方じゃ回すことができなかった。

なぜなら上に書いたように、前に板を飛ばさないと乗れなかったから

この「板を前に飛ばす」ってこと自体が間違いの始まりだったみたい。

「板を前に飛ばす」と前足がひっかからない。

前に板を飛ばせば乗れるけど、前足をひっかけられない。

引っかかるのかもしれないけど難しい。

それは板を飛ばす方向も引っ掛ける方向も同じ方向だからだと思う。

そう、逆に言えば、

板を飛ばす方向が進行方向後ろだったら前足に引っかかるってことなんだと思った。

だから前足をちゃんと使えるようになる。

板を飛ばす方向が後ろなら、

ちゃんと前足を使わないと本当に後ろに飛んでいってしまって乗れない。

それをちゃんと足元に来るようにするために、

後ろに飛んでく力を板に引っ掛けた前足が打ち消すんじゃないだろうか?

これに気づかないで後ろ足だけで回そうと練習してメイクまで至ってしまったのが自分のミスだった気がする。

スポンサーリンク

後ろに板が飛ぶようにテールを「しゃくる」と考えれば、、、

後ろに板が飛ぶようにテールを「しゃくる」と考えれば、

後ろ足が開けるのにも納得がいくし、

板に溜めた力を解放するように両脚を開く、

っていうのも動作の想像ができる。

後ろ方向にしゃくりをするためのスタンスの注意点

ちなみにテールを後ろ方向に弾いて回すためには、

後ろ足のスタンスがハの字だとやりにくい気がする。

後ろ足のつま先を板に対して直角よりほんの少し内側に入れる感じのスタンスが良さげ。

後ろ足ちょっと内股スタンスだと4時方向に板を飛ばす力を送り易い。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました